美容外科 看護師 年齢制限

美容外科クリニックへの転職の別れ道は何歳なのか?

 

あなた自身が美容外科クリニックへの転職を希望している場合
『自分の年齢でも大丈夫かな…?』と心配をする方も多いかと思います。

 

 

美容外科クリニックへの転職の場合、年齢制限が設けてあり、35歳まで?と聞いたり
20代後半までがギリギリセーフと聞いたりと、様々な憶測が飛び交っているのが現状です。

 

 

もしあなたが20代後半で美容クリニックへの転職を考えているのであれば、
早めに美容外科への転職をしなければ年齢的に厳しいのでは?と、焦る気持ちも出てくるのではないでしょうか?

 

 

 

 

法律上、求人広告などで年齢制限を記載することは、基本的に禁止をされているため、
なかなか求人広告や美容外科クリニックのホームページでは、年齢制限を見かけません。

 

しかし実際には、美容外科クリニックに転職ができる年齢にもボーダーラインが存在します!

 

 

…では、一体何歳がボーダーラインとなってくるのでしょうか??

 

 

実は大手の美容外科クリニックの場合、年齢制限が比較的厳しいのです。
例であげると湘南美容外科、品川美容外科、高須クリニック、共立美容外科などです。

 

 

大手の美容外科クリニックの平均年齢制限は28歳です。

 

 

大手美容外科クリニックでは、比較的20代前半の看護師も多く、
その環境になじめるかという点も重要になってきます。

 

 

またそれ以外の中小規模の美容外科クリニックであれば年齢制限のボーダーラインは32歳です。
それ以上であれば、書類審査で落とされてしまうことがほとんどです。

 

 

 

とはいえ年齢制限といっても経験や人柄、容姿によっては美容外科での採用基準も変わってきます。
例えば33歳の看護師であっても、見た目も20代後半に見え、美容外科での経験があれば採用もされやすいのです。

 

 

ただ、美容外科クリニックを志望する看護師は非常に多いため、必ず書類審査があります。
最近では写真付きの履歴書を事前に送付しなければいけないところもありますので
面接のステップに進む前の『書類審査で落ちないための対策』が必要となります。

 

 

 

「年齢に左右されない」美容クリニックで書類審査を通過するための3つのポイント

 

美容外科クリニックでは多くの看護師が応募するため、まずは書類選考で振り分けられます。

 

病院の面接であれば書類審査がないところが多いのですが、
美容外科クリニックでは書類審査で3人に1人は不合格になってしまいます。
まずは書類審査を通過するために、気をつけておきたい3つのポイントをまとめました!

 

 

 

証明写真は派手すぎないように

美容外科クリニックに興味を持っている看護師さんは、やはり美容に興味のある方が多いかと思います。
そのため髪の色が明るかったり、メイクも派手になっていることも多いと思います。
もちろん美容外科クリニックで働く看護師の場合、一般的な病院で働くよりもそういった見た目の部分は
ゆるくなりますが、あくまでも採用試験の場や証明写真では清潔感のある外見を意識しましょう。

 

髪の色も暗めで、髪は一つに結んでおいた方が良いです。
メークもナチュラルメークを心がけリクルートスーツで写真を撮影しましょう。
髪の色が明るかったから、という理由で不採用になってしまうことも多いので非常にもったいないです。

 

 

志望動機はホームページの理念を見てから書く

美容外科クリニックの採用担当者が一番気にするところとしては、多くの美容外科クリニックがある中で
なぜ自分の所のクリニックを受けてくれたのかという点です。それぞれの美容外科クリニックには特色があるため、
ホームページ等でしっかりと調べた上で自分自身が魅力感じている点を志望動機に書きましょう。

 

中には志望動機を空白のまま出してしまう人もいますが、必ずといっていいほど不採用にります。
看護師不足である病院の面接とは違いますので、志望動機ももちろん気合を入れて望みましょう。

 

 

趣味・特技の欄には部活動などしていた場合は必ず書く

意外に思われるかもしれませんが、美容外科クリニックの特色として体育会系の色がとても強いのです。
上下関係ももちろんありますし、看護師さん一人ひとりに営業ノルマが課せられているクリニックもあります。
そのため、根気の部分を書類審査や面接の時にも重要視をして見られます。
もし学生の時に部活動としてスポーツをやっていた場合は是非、趣味・特技の欄などに記入しておきましょう!

 

 

 

 

美容外科の面接で内定をもらうための3つのポイント

 

書類審査が通過したら、次は面接の本番です!

 

病院での看護師の面接の内定率は8割と言われていますが、美容外科の面接の内定率は5割をきると言われています。

 

もしあなたが何も考えず病院の面接と同じ心持ちで望んだ場合は、不採用になってしまう確率がとても高いです。
では、美容外科の面接を通過するために、気をつけておきたい3つのポイントをお伝えします!

 

 

 

 

マナー・敬語はしっかりと

美容外科では患者さんではなくお客様として接客をすることになるため「接遇」を非常に重視されます。
そのため、まずはじめに面接に入った時の挨拶が第一難関となります。
面接官の方が部屋に入ってきたら、席を立って挨拶をします。
その際に「○○と申します。本日は面接のお時間を取って頂きましてありがとうございます」
と一言添えるだけで、社会人としてのマナーがしっかりしているという印象をもってもらえます。
また、敬語に関しては自信がない人は事前に軽く本を読んでおくといいかもしれません。

 

 

イエスマンになることも大切

美容外科は他の病院、施設に比べてもノルマや人間関係などの要因から離職率も高くなってしまいます。
そのため面接ではストレス耐性を計るために、あえて厳しい質問をしてくることがあります。

 

 

例1) 残業がかなりありますが大丈夫ですか?

 

例2) すごく忙しいクリニックですが大丈夫ですか?

 

例3) 覚えることや勉強内容がたくさんありますが大丈夫ですか?

 

 

これらの質問に躊躇していると入職してもすぐに辞めてしまうのでは?と懸念され不採用になってしまいます。
基本的にはイエスマンになることが、それぞれの質問に対する正解となります。
ですので「大丈夫です」「頑張ります」「全く問題ありません」と答えることで好印象となります。

 

 

チームワーク力を見られています

美容外科ではお客様にとって良いサービスを提供して、会社の利益を大きくしていこうと考えているため
クリニック全体のチームとして、協力をして仕事を進めていくことがとても多くなります。
ですので、採用担当としてもチームワークを乱されることは非常に懸念点となってしまいます。
もちろん積極的、主体的であることは大切ですが、あまり我が強い印象や、ガツガツしている印象を与えてしまうと
不採用になる確率が高くなりますので気をつけましょう!
基本的には面接官の意見に合わせた方が印象は悪くなりません。

 

 

 

採用面接で内定をもらうためにやっておくべきたった1つのこと

 

もし仮に32歳以上の看護師さんであっても『どうしても美容外科クリニックで働きたい!』という人や
年齢はぎりぎりセーフだけど、志望動機を考えるのも一人では不安…など面接に対して不安が残る人は

 

美容求人を専門に扱っている看護師転職サイトへの登録がオススメです!

 

美容外科求人ガイドであれば、34歳の方でも美容外科への転職を成功させている実績があります。
また全く美容外科の経験が無い27歳の看護師であっても、面接対策を念入りにしたうえで、
面接の場にもコンサルタントの人が同席をしたりと、安心して転職のサポートをお任せできるのです。

 

 

【美容外科求人ガイド】

 

 

 

通常50%以下の内定率⇒85%以上に!

一般的に美容外科の内定率は50%以下といわれています。2人に1人は落ちることになってしまいますが
美容外科求人でサポートをしてもらうことで、美容外科の面接ノウハウを教えてもらうことができるので、
内定率が85%以上の実績を誇っています。多くの美容外科から内定をもらった上で選べる選択肢が増えるので
給料アップも望めますし、自分に本当に合った職場に出会うことも可能です。

 

 

美容外科の求人が全国5,000件以上! 全国NO.1

美容外科求人ガイドでは、美容外科の求人に特化しているため他の転職サイトでは扱っていない
求人を多く揃えています。美容外科の求人はもちろん、美容皮膚科や抜け毛専門のクリニックの求人等も扱っています。
オペが苦手…という人は美容皮膚科の求人もオススメです!

 

 

美容業界の知識が豊富なコンサルタントのサポートが受けられる

美容外科求人ガイドを運営している株式会社エイムプレイスでは、美容クリニックの運営コンサルタントもやっており
美容業界に非常に詳しく熟知したキャリアコンサルタントが多く在籍しています。
そのため、美容業界で仕事をする上での裏話や知っておきたい豆知識なんかも教えてもらえるため
入職してからのギャップも少ないため離職率も非常に低いのが特徴です。

 

 

 

 

(参考サイト)新人看護師悩み.com